tick,tick...boom!

3回目となると曲も馴染んでくるってもので、これまでで一番楽しく見た。席もこれまででは一番近かったしね。
今回はじめて見た妹も私の初回感想と同様、歌が少ない、台詞が多すぎ、ゲイリーは英語で、って感想を持ったみたい。やはりそこは気になるポイントよね。
何度も繰り返されるメロディーが終演後も耳に残る。
愛内里奈のソロ曲のあと後ろに陣取ったどうみても彼女のファンの男性陣の一人が思わずこぼした「いい曲だ…」という言葉に心の中でそっと同意しておいた。
初回は山本君が台詞を言う前に「あー」って入れるのが凄く気になったんだけど今回は慣れてきて大丈夫だった。、
いつもそういう台詞回しじゃないからあれは役作りの一貫なのかしら。ちょっとアメリカンっぽくしてみたとか?
回を重ねることでリラックスしたのか山本君とゲイリーのお遊びがちょこちょこ増えてきてた。2人ともいたずらっ子みたい。
11月のRENT来日公演を見ることで物語を完結させよう。